よく当たる恋愛占いの選び方

恋をすると占いをしてみたくなりますが、折角なら当たる占いを選びたいものです。
実はどれも同じではありません。
知りたい結果を的確に聞きたい場合は、占う方法を選ぶことも必要です。
身近なものでは、生まれた年、月、日、時間で占う統計学の要素が強い方法です。


星座や干支、九星がこれにあたります。簡単に言うと「この誕生日の人はこういう性格を持っています。


こういう選択をしがちです」ということがわかります。
相手の好みやお互いの相性を占ってもらうのに適しています。



注意することは、あくまで統計上の性格や相性であって育った環境やお互いの努力で変化するということです。

相性が悪いからあきらめる、相性が良いから努力しなくてもうまくいくはずだという考えはやめましょう。

minp!に関する情報です。

これに対し、インスピレーションの要素が強い方法、タロットや易占いなどの直観的に占う方法です。

不倫占いに関する予備知識の情報が満載です。に関する予備知識の情報が満載です。

これらは告白したらOKしてもらえますか?というような性格以外のことを占ってもらうのに適しています。

直観的な方法で占った結果は、いくつもある道の分岐点でしかないことを理解した上で受け止めましょう。
これまで積み重ねて来たことが重要になってくるのです。

例えば受験を控えて受かりますか落ちますか?という質問の返事が「受かります」だった場合、遊んでいても受かるわけではありません。

これまでやってきた方法、勉強量でこのまま頑張れば「受かる」という意味です。

その他、手相のような中間的な占い方もあります。

古来からの統計でどこが結婚線で生命線で、と決まっている方法に、日々変化する人の手を重ねて結果を導き出します。


これは、その手相を持った人、つまり占われている人のことしかわかりません。
相性や結婚の相手が誰かということはわからないのです。
良い占い師さんなら原因や対策などのアドバイスもしてくれるはずです。

恋愛に生かせる方法を上手に選びましょう。